住宅ローンが払えそうにない・督促状が届いた

払えないかも・・・と思ったらまずやること

「住宅ローンを滞納して督促状が届いたが、支払いの目処が立たない」と悩んでいる方は、できるだけ早めに弊社のような専門家が相談することをおすすめします。

まず、やる方法としては、「債権者(金融機関)と住宅ローンのリスケジュールの交渉」を行うのが良いでしょう。

住宅ローンのリスケジュールとは、返済額を減らしたり期間を延期したり、金融機関に相談することで許可が下りれば、月々の返済額を減らすことを考えています。

早いタイミングで行動を開始すれば、選択肢が増えて早期の問題解決が期待できます。

うえはらでは、この段階からでも無料でのご相談を承ることが可能です。

滞納が続くとどうなるか

結論としては、競売にかけられ安く売却されてしまいます。(手元に残らず負債も残るケースが多い)

競売までの流れとしては以下の通りとなります。

一般的に住宅ローンは他の債権(借金)の中でも滞納に対して債権者(貸し手)も敏感になります。そのため、1ヶ月の滞納程度であれば取り立ても厳しくはありませんが、それが2ヶ月、3ヶ月となってくると金融機関からの最後通告手前のアラートである「督促状」が手元に届くようになります。うえはらへのご相談も、この時点で慌ててご相談される方が多くいらっしゃいます。

そして、これをさらに無視すると3~5月程度で金融機関からの最終通告である「催告書」が届きます。催告書が届き、住宅ローンの一括返済を求められてしまう。そして、一括返済できないと、あなたの家は競売にかけられてしまいます。競売にかけられてしまうと、相場よりも低い金額で売られるかつ手元に何も残らないケースがほとんどです。

そして、競売は法的処置による強制執行となりますので、ご自身ではどうすることもできないのが実情です。

本当に払えない状況であれば、「任意売却」をオススメします。

ローンを払えなくなってしまった場合最も有効的な手法としては「任意売却」があります。

住宅もさしお借金を全て抱え込んでしまうのであれば、なるべく高い金額で売却し、資金的に余裕を持った上で新しい生活をスタートさせることが最も良い選択になるケースが多いはずです。ただし、任意売却の注意点としては、あくまでも金融機関などの債権者の承認が必要だと言う点です。

詳しくはこちらでも記述しておりますが、お金の貸し手からすると、住宅ローンが払えなくなってしまった段階で、損をすることは間違いないのです。

その中で再度、借り手の要望を通していくためには、しっかりとした話し合いに基づく合意が必須となります。

任意売却のうえはらでは、債権者様とのネットワークを活かし20年ほどの実績がございます。そのため、どのようにお話を進めていければ債権者のご納得を得やすいか、理解していただけるか。問題を解決の方向に持っていくことができるのか。を把握しております。

住宅ローンが払えない。と困った思ったら一度うえはらの無料相談をご利用ください。

まずは、あなたのお話をしっかりとお伺い致します。